Category: 造り手さん訪問記

ボンジュール、がんです。

お話はフランスに戻りまして研修3日目、もうすぐパリを出ますよー。

パリのホテルをチェックアウトしてレンタカーで移動です。

IMG_8604

この日もパリ市内で試飲会が一つ、
繁盛しているワインバーに寄ってからいよいよワイン産地へ出発です。
 

ツアー中にパリに滞在するのはこの日が最後、
せっかくなんで少しだけ観光名所を回っておきましょう。
 

 IMG_0218IMG_0222

そうしてやってきた試飲会。
こちらはパリのレストラン SATURNE が主催する試飲会です。
 

IMG_0233

以前は 
RACINE というレストランで
働いていた二人が立ち上げたお店で、
基本的には一切酸化防止剤を加えない
造り手さんのワインだけを取り扱っているんです。
 

お料理も上品で繊細、
今やなかなか予約の取れないレストランになっています。

 

思ったよりも人は少なめでゆっくり回れますね。
 

IMG_8636

さっそくこの試飲会での目的の一つ、この人に会いたかった。
 

IMG_8641

みなさんもよくご存じの大岡さん。
今回はローヌ地方を周る予定がなかったので諦めていたんですが、
この試飲会にいらっしゃると知って予定に無理矢理ねじ込みました。笑

 
他にもがん好みの造り手さんが山ほどいます。

コート・ロティのジャン・ミッシェル・ステファン

IMG_0254
IMG_8674

サヴォワのフランソワ・グリナン

IMG_0259
IMG_0258

ボージョレのフィリップ・ジャンボン

IMG_0279
IMG_0280

イタリア、ラツィオのジャン・マルコ・アントヌツィ (レ・コステ)

IMG_0269
IMG_0268

イタリア、エトナのフランク・コーネリッセン

IMG_0276
IMG_0274

などなど、非常に素敵な試飲会でした。

ついつい長居してしまった試飲会を出て軽くお昼ご飯です。

パリの東側、バスティーユ広場近くの
いわゆる下町情緒溢れる界隈にあるワインバー、
Baron  Rouge 

IMG_8722

フランス研修では毎回来ているんですが、
ヴェール・ヴォレとも違うこのカジュアル感というか
雑多感、やっぱりこの雰囲気はいいです。
それにこの時期はこれが出てますしね。

IMG_0301
IMG_0305

IMG_0306
IMG_8726

人が多い時には店先に停まっている車のボンネットや
一階の出窓ですらテーブルになってしまうというヤンチャなワインバー。
通報されたっていうのは聞いた事がないから
住人ももう諦めてるんでしょうね。笑

さて、牡蠣も食べたことだし、もうパリに未練はありませんね?
じゃあ一路アンジェに向けて出発です。

アンジェまでは約3時間、何やかんやであっという間です。

さあ宿に着きましたが、何かお忘れになっていませんか?
そう、この日の晩ご飯はこちらのシェフが腕を揮ってくれます。

IMG_8734

シェフ・タカ、市場でもしっかり買い物しましたもんね。

IMG_8736

普段は優しいオーラを振りまくシェフも料理を作り始めると目が真剣。

ほどなくして出来上がり。
もぅ、テーブルにお料理を並べた時点で分かりました。
これ間違いなく美味しいやん。

IMG_8740
IMG_8745
IMG_8746

カジュアルなお料理ですが焼き加減などはきっちりジャストに、
素材を引き立てるための優しい味付け、
シェフの人柄が随所に出てますね。
 

ワインは岩田家のストックからのカジュアルチョイス。

IMG_8755
IMG_8752
IMG_8751

パスタまで作って一息ついたシェフ。
「俺が作ったんやで~。」と。
うんうん、そういうアピール大事よ。

いやぁ、心もお腹も大満足、素晴らしいお料理ごちそうさまでした、タカシェフ。
いよいよ明日からは造り手さん訪問、気合い入れていきますよ~。

カテゴリー

最新記事