Category: 造り手さん訪問記

ボンジュール、がんです。

 

パリ2日目、後半です。

カーヴ・オジェの試飲会を堪能したあとは、

私達のお店、パシオン・エ・ナチュールのモデルにさせていただいた
自然派ワインビストロ、ヴェール・ヴォレで昼食です。
 

IMG_0118

パシオン・エ・ナチュールに勤務する次田とタカ、

ヴェール・ヴォレの写真や話はしっかり見聞きしていますが、
この空気感はやっぱり実際に来てみないと分からないです。
 

 IMG_8509

ええ食材がシンプルに調理されて出てくる料理達と厳選された自然派ワインが合う合う、それでいて雰囲気はすごくカジュアル。
 

IMG_0119
IMG_0125
IMG_0127
IMG_0137

近くにあったら週一どころか週二三くらいで通いたいお店です。

  

その後は同じくヴェール・ヴォレのエピスリー (食材屋さん) へ。
 

IMG_8530
IMG_0139

オリーブオイルやワインヴィネガーを始め、
色んな食材が所狭しと並んでいます。
 

IMG_0141

冷蔵ショーケースに並んでいるハムやサラミ、チーズは注文ごとに切ってもらるんです。

いやぁさすが、美味しいもんいっぱい知ってはるわ~、と感心しきりでした。

  

エピスリーを出た後は少しブラブラ、

スタッフ達はパリの街並みや雰囲気にテンション高め、
そうそう、あと縦列駐車の車間にもかなり驚いていましたね。
 

IMG_8525
IMG_0151

 土産物屋さんやルーヴル美術館など
ベタなスポットを挟みつつ晩ご飯へ。
 

IMG_0161 

IMG_8561

Bistrot de 1er という名のバスク地方出身のオーナーが出したビストロです。

バスク地方はボルドーの南側、バイヨンヌあたりからスペインにまたがる独自の文化を持った地方、海に面している街も多く山も近いので海の幸も山の幸も豊富で、ビゴールの豚やピマンデスプレットといった特産品も多く、まさにグルメ~な地方です。
 

 IMG_0164

 IMG_0173


ワインもボルドーやそれより南のジュランソンやガイヤックなどの南西地方のワインが豊富に揃います。

 

IMG_0168
IMG_0178

やはりビストロはボリュームありますね、みんな満腹です。

腹ごなしのためちょっと川沿いを歩いて帰って2日目終了となりました。

 IMG_8587


次回はパリ3日目、ようやくパリを出ますよー。
 

カテゴリー

最新記事