Category: 岩ちゃんのフランス在住記
ボンジュール、がんです。

アシニャン村は相変わらず暑く、早くもセミ達が鳴き始めました。
残念ながらまだ写真には捉えてないんですが、羽が透明で身体が銀色のものが多く、日本のセミよりは少し小柄でしょうか。
鳴き声を聞いてると2、3種類はいるようですね。

ぶどう樹の中に潜んでいることもしばしばあって、芽かきなんかをしているとすぐ目の前から、
ジジジジー!!
と鳴きながら向かってくるのでなかなかに恐怖を覚えます。

つい先日なんかは窓の隙間から入ったのか、自分が車に乗り込んで発進しようとすると、
急に、ジジジジー!!
と車内を飛び回って小パニックに陥りましたよ、まったく...
ついついセミトークが長くなってしまいました、本題に入りましょう。

今回はお題のとおり、スーリエさんとこで一緒に働いているスタッフのご紹介です。

ええ、分かっています…一月半も研修してて何を今さら⁈  なお題ですよね。

何せタイミング良く3人揃う日がなかなかなくて写真待ちだったんです。




ジャックさん(写真左)
は今年55歳、もう30年近くスーリエさんで働く大ベテランさんです。
アシニャン村のこと、ワイナリーのこと、聞けば何でも答えてくれる生き字引的存在です。
また、家庭菜園という規模に収まらないくらいの広い畑で野菜を作ったり、自分の家でパテやソーソージ、ハムを作ったり、イノシシ狩り、キノコ狩り、をしたり、と、この何もないアシニャン村でのアソビ方を知り尽くした人です。

マルティーヌさん(写真右)
はついこないだ54歳を迎えた、スーリエさんに勤めて7年目のお母さん。
「自然の中にいるのが好きで、」が高じてブドウの生育期間だけ働く、畑仕事専門スタッフです。
おしゃべり大好き、一言話しかければその返事が5分くらい返ってきます…

そして写真中央はもちろんこの方、レミ・スーリエさん。

何せ底抜けに明るい方です。
いつも笑顔を絶やさずに冗談を言っては「ヒャッヒャッヒャッ」と笑ってまるで子供みたいです。

その明るさやキャッチーな感じはキュベ・ブーの味わいにも通じる所があるのかなと思います。
造り手さんにとって自分の作ったワインは子供みたいなもの、似かよったところがあるのもうなずける気がします。
普段は冗談ばかり言ってますが、いざ仕事になると真面目、いや、フランス人らしくないくらいド真面目です。

3人が3人とも色んな知識の引き出しを持っているので、吸収させて頂く事が盛り沢山です。



カテゴリー

最新記事