Category: 岩ちゃんのフランス在住記
ボンジュール、がんです。

日本はまだまだ暑い日が続いているそうですね。
こちら、パリは一足早く秋らしい涼しさになっています。
というか、8月もずっと涼しかったので、みなさん物足りなさを感じているようです...
南仏ではすでに収穫の終わったところもありますし、他の地域もこれから収穫シーズンに入っていきます。
今年もいいブドウが取れますように。
アルザス話を書く前にもう一つ、最近の出来事を。

先日、パリで大人気のビストロ、シャトーブリアンに行ってきました。
とあるレストランのガイドブックでは、数々の三ツ星レストランを押しのけて世界一のレストランとして評価されてるんだとか。
さすがは大人気店、今回も2週間前に電話をしたももの、満席だったので2回転目を狙って待つ、という計画。
IMG_2369_R

お店に着いたのが21時半くらいでしたが、その時点ですでに4,5組が2回転目待ち。

もちろんお店は満席。
IMG_2370_R

そっからカウンターで少し飲みながら待つこと約1時間、席について料理が出て来始めたのが23時...
フランスならではの晩ご飯タイムですわ...

頂いたワインは...
ブルゴーニュ・シトリー ’09
IMG_2371_R

ブルゴーニュの北、シャブリの近くです。
こないだヴェズレの試飲会にも来ていた比較的新しい造り手さんですが、酸味と果実味のバランスがよくてとてもチャーミングなワインです。

料理はコース1種類のみ。
最初は一口サイズのアミューズが4つ5つくらい。
グジェール(チーズ風味のシュー)
IMG_2372_R
リュー・ジョーヌという魚の一口刺身、ヴェルヴェーヌというハーブのスープと一緒に
IMG_2373_R

サービスの方が、

「SAKEみたいに一口でくいっといってねー」

と。

ヒマワリのスープ
IMG_2374_R
生ヤングコーン、ハードチーズとオリーブオイル
IMG_2375_R

ヤングコーン単品で十分旨味がのってるのに、更にチーズで旨味プラス。

トマトのスープ、フロマージュ・ブランとジロール茸
IMG_2376_R

トマトスープの酸味とフロマージュ・ブランの酸味がいい塩梅。

で、こっからやっと前菜。
イカとお野菜のソテー、イカ墨風味
IMG_2377_R

見た目シンプルな一皿ですが、イカのキュイッソン(火の通し加減)が絶妙。
このムッチリとした食感、初体験です。

マグロのミキュイ(半生)、ヴィネガーの効いたお野菜と
IMG_2378_R

マグロ単体で食べるのと野菜と一緒に食べるのとで味の印象が全く変わります。

ピジョン(鳩)のロースト、ハーブと一緒に
IMG_2379_R

クセが全然ないピジョン。これもキレーなロゼ色に仕上がってました

で、デザートが2品
まっ赤っ赤 (←メニュー名を直訳するとこうなるんです、そのまんまやないかっ 笑)
IMG_2380_R

サクランボや苺、フランボワーズなどのフルーツ、にバジルの葉。
バジルがいいアクセント。 

とうもろこしのアイス、フロマージュ・ブランのソース
IMG_2381_R

とうもろこしの甘味とフロマージュ・ブランの酸味

という訳で全10品、
一体これどうやって作ってんのーー
こんな食材同士や調味料との合わせ方があるんやーー
などなど、一皿一皿に驚きのあるお料理達ばかりでした。

デザート食べ終わったのは12時半くらいだったか...
そのころには厨房も落ち着いた様子で料理人たちが店の前に出て小休憩。
そこで少しお話した料理人の一人、こないだまで研修で半年ほど神戸で働いてたとのこと。
で、話を聞いてると、
「大阪にもちょこちょこ遊びに行ってたけど、素敵な品揃えの自然派ワインバーがあってね、4,5回くらい通ったよ。名前がね... え~~っと、ナチュール・エ・何とかやったかな...」
「それってもしかして、パシオン・エ・ナチュール?」
「ああ、それそれ、知ってるん? とってもサンパ(=感じのいい)なお店やったよ。」

う~~ん、さすがはパシオン・エ・ナチュール、大人気ビストロの料理人まで虜にしてしまうなんて...

な感じで更けていったパリの夜でした。

パリに来る機会があれば是非、な一軒です。
Le chateaubriand
129 Avenue Parmentier  75011  Paris
01 43 57 45 95

IMG_2368_R 

カテゴリー

最新記事