Category: 岩ちゃんのフランス在住記

ボンジュール、がんです。

29日日曜日はパリ郊外で行われた SALON DES VIGNERONS GROSLAY へ。
この日はお世話になってる画廊のオーナー、マルコとその親友のワインショップのオーナー、ミカエルと3人で。
DSCF5945_RDSCF5951_R 

 

DSCF5950_RDSCF5949_R

小学校の体育館、を思わせる会場でしたが、参加している造り手は、
レオン・バラルやシュレール、クルトワ親子、ランドロン、ランジュ・ヴァン、などなど大物揃い。
(残念ながらあまり時間がなくって写真なしです)
ジョー・ランドロン氏の口髭、生で見ると更にすごいです(笑)

初耳でしたが、ランジュ・ヴァンのジャン・ピエール・ロビノ氏、これでもお酒をつくっているだそう。
DSCF5953_R

要するにシー○ルなんですが、売り物にはしていないですって。

その原料のリンゴ頂きましたが、ものすごく優しい味わい。味が薄いのではなく、優しい。
素晴らしいワインを造る人は、原料が変わっても素晴らしいものに仕上げてしまうんでしょうね。

絵も描いて、シードルまで造って、畑も一から作るんだ、と語る彼の底なしのパッションを見ていると、
70才ってまだ人生の折り返し地点くらいやったっけ、と思ってしまいます。

DSCF5952_R

会場の隅っこに置かれてた大量の空瓶。間違いなく昨夜の 飲み会 懇親会のものでしょう(笑)

 

 

そして30日月曜日は、金曜日に参加した SALON DES VIGNERONS INDEPENDANT にもう一度参加。
2度目の入場は無料、ということもあったので...
こんだけの造り手が集まるせっかくの機会なので、
普段飲む機会の少ないシャンパーニュやブルゴーニュの村名畑名クラスを続けて回って比較試飲。

買いもせず飲み回るだけで、造り手さんには申し訳なかったですが勉強になりました。
これまで苦手意識のあったシャンパーニュやブルゴーニュですが、品種ごとの特徴やアサンブラージュの違い、村ごとの特徴、ヴィンテージの違い、
なんかのイメージできあがってくると面白くなってくるもんです。

 

 

こうしてハードな(!?)週末を過ごしましたが、肝臓は大丈夫なのか...??

カテゴリー

最新記事