Category: 岩ちゃんのフランス在住記

ボンジュール、がんです。

今日は試飲会へ。何でも今回の試飲会はカンタルチーズとラングドックのワインが試飲、試食できるとのこと。
DSCF5765_RDSCF5770_R

ちなみにカンタルチーズとは...

フランスのへそ、オーベルニュ地方のちょい南、カンタル地方で作られたチーズのこと。はい、そのまんまです。

そのまんまですが、それが簡単ではないんです。
チーズにもワインと同じ様にAOC法があり、生産地はもちろん、ミルクの種類や製造方法、最低熟成期間、などなどが厳しく決められており、その基準をパスしたチーズだけがその土地の名前を名乗れるという訳です。

他にも色々ありますが、例えばカマンベールなんかも地方名、正確にはA.C.カマンベール・ド・ノルマンディ と言います。

このカマンベール・ド・ノルマンディという名前をつけてもいいのはフランス、カマンベール村で作られ、厳しい基準をパスしたチーズだけです。

スーパーなんかを見てみると色んなカマンベールチーズが並んでいますが、カマンベール・ド・ノルマンディとカマンベールチーズは全くの別物といっていいくらい品質に差があります。
(ややこしくてすみません...)

両者の違いを身近なのに置き換えると、カニとカニカマ(カニ風味のかまぼこ)、みたいなもんでしょうかね。

話がそれましたが、このカンタル地方、年間18,500トンのチーズが生産されており、作られている乳製品の種類は3,100種類にものぼります。
600,000haにも及ぶ広大で肥沃な酪農地帯を持ち、良質のチーズを作るのに理想的な環境なんです。

作るのはこれまた手間ひまのかかる仕事です。
まず、1kgのカンタルチーズを造る原料として10Lものミルクを必要とします。

で、熟成させるまでの過程だけでも最低50時間、熟成はA.C.カンタルの名前をつけるためには最低でも30日、カンタル・ヴューと呼ばれる長期熟成タイプは最低240日の熟成が必要になります。

農業の道は1日にしてならず、ですね。

形は上の写真のような円筒形、これ1個で大体35~45㎏くらいあります。
写真右下にあるフルーツと比較すると結構大きいことが分かるかと思います。

とまあ、こういう感じです。
ただ飲んだくれてるだけじゃなく、ちっとは勉強もしてますよ(笑)

 

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、会場へ。
DSCF5751_RDSCF5760_R

会場はとあるカフェ。それほど広くないお店で、かつ例によってワイン好きがどっと押し寄せてきたので、当然のごとく会場はヒートアップ。

DSCF5750_RDSCF5755_R

造り手さんもお忙しそう。

DSCF5753_RDSCF5749_R

一つのブースにはワインとチーズとパンの王道トリオ。
にしても試食のチーズ一切れ一切れがでかい!! 試食でこんなでっかいの、見たことありません...

ワインもどんどん注いでくれはるし、これって試食試飲じゃなくて、普通の飲み食いなんじゃ...(笑)

 

で、そのカンタルをいただきましたが、印象としてはちょっとしっとりとしたコンテ、といった感じ。クセもあまりなく、万人受けしそうなタイプです。もちろん旨~いです。

それと共にワインも。ラングドックのワインが赤白ともに3~4種類ずつくらい。
知らない造り手さんばかりでしたが、どのワインもとても丁寧に造ってるなあ、と感じる味わいでした
赤はもちろん、白もまた赤とは違った感じでカンタルとよく合いました。

 

ということで感じたことをまとめると、
(もちろん今回試したのは赤白各3~4種類ずつだけ、しかもラングドックのみ、なので一概には言えませんが、)

白ワイン+チーズ=チーズの風味が引き立つ

赤ワイン+チーズ=ワインの風味が引き立つ

んじゃないかな、と。

チーズの勉強はあまり、いや全然してないので、こんなん常識やで、みたいな事やったら何ともお恥ずかしい話ですが...

 

同じチーズでも合わせるワインによって、チーズの風味が引き立ったり、ワインの風味が引き立ったり、またその逆も然りで...

チーズもワインもそれぞれ奥が深いけど、その2つの合わせ方もこれまた奥が深いですなあ。

勉強しないといけないことはまだまだ山のようにありますね...

 

 

カテゴリー

最新記事