Category: 岩ちゃんのフランス在住記

ボンジュール、がんです。

さて、ボーヌを満喫した夜のお話。

次の日から試飲会のためリヨンに移動です。

ジャン・リュックとアントワネットも試飲会に参加するのでまだお別れではありませんが、ここに泊まる最後の日だということで、夕食はアントワネットが腕によりをかけた料理だそうです。

テーブルに着く前にサロンでアペ(リティフ)です。
DSCF5073_R

そこへアペロ(=アペリティフのおつまみ)と呼ぶにはもったいないくらいのものが...
DSCF5075_RDSCF5074_R 

いいえ、オセロじゃありません。ブーダン・ノワールとブーダン・ブランのタルト。

おいしいのはもちろん、ブーダンをこういう風に食べれるのが嬉しいです。  I LOVE ブーダン

 

そしてテーブルへ。
DSCF5080_R

「さあさあ、熱いうちに食べてよ~。」
と言って出てきたのは、
DSCF5083_R

フォアのグラ!! しかも上にはトリュフ!!
それにティソのヴァン・ド・パイユ(ワラ干しの甘口ワイン)を合わせて。
すご~い...

それだけ今城さんがジャン・リュックとアントワーヌに愛されてるってことですね。

2皿目も、
DSCF5084_R

パンタード(ホロホロ鳥)のヴァン・ジョーヌ煮込み。
「この料理にはこれでなきゃ駄目なんだ」
とジャン・リュックが持ってきたのはオヴェルノワ。

 

ジャン・リュック氏、ほんとに嬉しそう。
きっとみんなで美味いものを食べるのが大好きなんでしょうね。

で、今日もテンションが上がって、アントワネットの制止を振り切って(笑)、
またニヤリと笑いながら埃まみれの1本を...
DSCF5093_RDSCF5094_R

・・・エチケットではなくメモ書きのシール。
しかも抜栓前の時点で中身が3/4くらいしかないんです...

「蒸発しちゃったんだろうねぇ。」
とジャン・リュック。こんだけ蒸発するのに何十年かかるんすか...

DSCF5095_R

で、こやつの正体は、
ジュリエナ ’72(…だったと、ヴィンテージメモってませんでした...)

36年間、カーヴで守り続けたジャン・リュックにただただ感謝です。

DSCF5106_R

その後にも何本か空き、結局7人で9本。しかもアントワネットとあと一人はそんなに飲まない人なので...
はい、飲み過ぎです...
でもそんなに飲んでると思わないくらい楽しくてあっという間に時間が過ぎてました。

 

明日からは久々のリヨン。
DSCF5125_R

リヨンをぐるっと回って試飲会です。
頑張・・・れるかな.......

 

 

 

 

 

DSCF5121_R

あれ、フランスに大仏? 寝てはるし...(笑)

 

 

 

カテゴリー

最新記事