Category: 岩ちゃんのフランス在住記

ボンジュール、がんです。



更新が遅くなってすみません。



ちょっと日はさかのぼりますが順を追って載せていきます。



ジャン・フォワイヤール氏の家に向かったのは9月23日(火)の夕方でした。


リヨンから電車で約30分、belleville sur saone駅がモルゴン村の最寄り駅です。


IMG_3015_RIMG_3017_R


 


 


 


 


 


 


belleville sur saone駅。belleville=美しい村という名の駅です。


「駅に着いて電話してくれたら迎えにいくからね」


という話で17時にbelleville sur saone駅に着いたものの、教えてもらった電話番号がつながらず何もない駅前で待つこと1時間半...
18時半になってやっと電話がつながり迎えに来てもらいました。
もうこういったアクシデントには慣れっこです...


IMG_3039_RIMG_3046_R


 


 


 


 


 


 


フォワイヤール家。シャンブル・ドットも経営していてかなりでっかいです。



ジャン氏の家に着くともう「ヴァンダンジュー」と呼ばれる収穫時期だけのアルバイトの人が集まっていました。
その数約30人。年は19歳から31歳までと思ったより若い人が多く、またフランス北部のブルターニュ出身の人が多いです。
収穫期間中はこの約30人近いバンダンジャーと行動を共にすることになりました。


このヴァンダンジュー達、学生も社会人もいて様々ですが、社会人の人はわざわざ休みをためて収穫のときにまとめて休みを使うそうです。
フランス人は働くのが嫌いだと聞いていたんですが、休みをとってまで収穫を手伝いに来るなんて、かなり収穫に懸けている人達です。


 


そんな初日の夜、さっそく収穫の洗礼を受けることに...


なんせ飲む量がハンパじゃないです。しかも全員。
750ml瓶がちっちゃく見えるくらいパカパカ空いていきます。


収穫のときはいつも以上に飲むだろうと結構前から体調を整えていましたが、予想をはるかに上回る飲みっぷりです。


夕食が終わった時点でかなりフラフラになってしまいましたが、もちろんこれで終わるはずがありません。


夕食の後はヴァンダンジュー用の部屋で飲み直しです。


750ml瓶では追いつかないんでしょう、ヴァンダンジューの部屋には10Lのポリタンクが2つ置いてありました...


フランス人は水のようにワインを飲むというのをこの夜だけで痛感しました。



IMG_3101_RIMG_3106_R


 


 


 


 


 


 



飲んで、騒いで、踊って... ほんまは収穫よりこっちが目当てかも!?
ちなみにワインの入ったグラスを倒すと腕立て伏せ10回、ボトルを倒すと20回、まるで体育会系の飲み会です。



この夜、宴が終わったのは午前3時。
10Lのポリタンクは2つとも途中で空っぽになり、新たに追加したタンクもほとんど残っていません。



恐るべし収穫... 体力よりも肝臓が心配です。


 


 

カテゴリー

最新記事