Category: 岩ちゃんのフランス在住記

ボンジュール、がんです。


今日は久々にオリウ゛ィエと出掛けることになりました。知り合いの造り手が昼食会をするとのことです。



向かったのは車で東に40分程走った所にある、馬や古城で有名な街、ソミュール。中心地を抜け10分程、山の麓に今回お伺いするセバスチャン・ボビネ氏の醸造所があります。


セバスチャン・ボビネ氏の醸造所


 


 


 


 


 


 


 



 


 


 


 


 


柔らかいベリー系の香りとフレッシュなブルーベリーヨーグルトを思わせる優しい果実味・爽やかな酸が印象的な、とってもチャーミングなワインを造っています。


またこちらのカーウ゛は山肌に面して建てられているのですが、中はなんと山の一部を掘って作られた天然のカーウ゛になっています。


カーヴ内


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


ひんやりと涼しく、適度な湿気もあってワインを寝かせておくには最適の環境になっています。


造り手、ワイン関係者など約20人ほどが集まった昼食会は午後1時くらいからゆるゆるとスタートしました。



この日も昼食とは思えないくらいのワインが・・・ 


ボビネ氏のものはもちろん、造り手の方も自分のワインを持参してきているのでかなりの数がテーブルに並びきらないほどありました。


昼食は2時間程で終了しましたがみなさん一向に帰る気配なく話し込んでいます。途中からはボビネ氏がレコード盤を持って来て会場はダンスホール状態に。



PM9:30の様子。踊っている男性がセバスチャン・ボビネ氏です。この時点でもうかなり酔ってます。


 


セバスチャン・ボビネ氏


 


 


 


 



 


 


 


 


 


 


この頃にはテーブルに並んだワイン達は全てなくなり、ボビネ氏がタンクから直接カラフェに入れて出してました。



PM11:30の様子。全く終わる気配がありません。みんなホンマ元気です・・・


23:30でこの騒ぎ・・・!!


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


結局、我々が会場を後にしたのは午前0時を回っていました。(会場ではまだ半数くらい残っててまだまだ続いたようです・・・)



オリウ゛ィエも約11時間飲み続けてさすがに酔ったのか眠かったのか、帰りの運転は何度も壁や対向車にぶつかりそうになり本当に死ぬかと思いました・・・


 



色々なワインを飲ませてもらってどれも美味しかったのですが、特に印象に残ったのがこちら↓


フルーリー・ル・ブランタン  ’06


 


 


 


 



 


 


 


 


 


 


イウ゛ォン・メトラ
フルーリー・ル・ブランタン  ’06
以前に飲んだことはあったのですが、状態が抜群なのか更に美味しく感じました。


大橋先生の言葉を借りればまさに ”味のついた水”
口の中にお花畑ができたみたいに花の香りに満たされて、喉にスルスルと滑り落ちていきます。
名前も今の季節にピッタリです。

カテゴリー

最新記事