Category: 岩ちゃんのフランス在住記

ボンジュール、がんです。
サンセールでの馬セミナーの報告です。


クザン家から馬のジョーカーを連れて車で約5時間、サンセールの街を少し過ぎたプュイイ・ヒュメの畑にて三日間、講習が行われました。


現地ではフランスの平井堅ことセバスチャン・リフォー氏と合流。


相変わらずのジェントルボイスです。


彼もスタッフとして参加です。参加者は約25名、ロワールやオーウ゛ェルニュ、ブルゴーニュなどから濃ゆ~いメンバー(ピエール・ボージェを始めパスカル・ポテール、フィリップ・ジャンボン、ミシェル・オジェなど)が集まりました。


 


講習はオリウ゛ィエともう一人、馬のエキスパートのジャン氏によって馬具、耕作器具の説明から馬の手入れ、馬具の装着、馬の誘導、耕作器具をつけての畑での実践、と3日にわたってじっくりと行われました。


初日は少し戸惑いがあるように見えましたが、最終日にはみなさん思い通りに馬を誘導できるようになり、手応えを感じているようでした。


セバスチャン・リフォー氏は「どんな畑でも馬で耕せばいいものではない。農薬や化学肥料を使っている畑ではぶどう樹の根が地表近くに広く伸びているのでそういった畑では根っこも巻き込んで耕してしまう。無農薬などで根が深く伸びている畑に対して効果があるんだ」と語っていました。


つまりビオロジックであることが前提での、より自然に近づいたアプローチということでしょうか。(だからメンバーが濃いんですね・・・)



参加した造り手達が今でも十分美味しいのに馬で耕作するようになれば更に美味しくなってしまうんでしょうか。


考えただけでも楽しみですね。



オリウ゛ィエの愛馬ジョーカーです。ブロンドのたてがみがかっこいいですね。


ジョーカー


 


 


 


 


 


 


 


 


講習の様子。皆さん真剣な表情で聞いていました。


誘導の練習


 


 


 


 


 


 


 


 


馬の手入れの講習。蹄鉄と蹄の間に詰まった泥を取っています。


講義の様子2


 


 


 


 


 


 


 


 


 

カテゴリー

最新記事