Category: 岩ちゃんのフランス在住記

ボンジュール、マダムがんです。

これから仕込み作業に加えて瓶詰めがあったりとカーヴ内の仕事もピリピリと緊張感が増してきました。天候によって収穫日程の変更もあったりするので、夫は調整や考えることが増えてきて両手で皿回し状態になってきます (足も使える?!)

こんな時は妻は出来るだけ波風立てないようにブログでも書こう!笑)

せっかくですので、前回収穫した収穫した Mourvèdre /ムーヴェードル のジュースを絞るところまでの様子です。

収穫された葡萄はカーヴの裏側にあるベルトコンベヤーで中に送られて行きます。

葡萄は Fouloir / フロアー という機械によって軽く潰して搾りやすくしていきます。

そして太い赤いパイプを通って (機械の左側下) 下の階にある圧搾機と繋がっているのでどんどん中に移っていきます。

圧搾機はグォングォン凄い音で回転しながら (何度見ても迫力!) 下に設置された大きなバットに果汁がザーッと降り溜まっていきます。

子どもの頃、雨が降ったら外に空瓶を置いて雨水を溜めてみたり、口を開けて飲んでみた経験はあるでしょうか?もし、こんな甘い美味しい雨なら最高だっただろうなとメルヘンな (食い意地はった?) ことを思ってみたり・・・

早速 絞りたてを頂きます!

んーーーッ!おーいし~!!‪❥❥❥


ありのままの葡萄がギュギュギューッ!と詰まった酵素たっぷりの健康ジュース。飲めば体が元気になっちゃうこと間違いなし!!

ここからお世話になっているジュース屋さんに持って行って、熱殺菌をして瓶詰めしてもらいます。

こちらはマール (葡萄の絞りかす) です。

葡萄ジュースには使いませんが、皮や種、茎に含まれているタンニンはワインの味わいに深みを与えてくれる大事な役割がありますね。

こう見ると、沢山収穫してるように見えてもジュースやワインが作れるのは葡萄全体に対してわずかだと改めて思います。一滴一滴が貴重な果汁。大切に飲みましょう!

ちなみにマールはソーセージと一緒に炊いたりすると、葡萄の良い香りが付いてとても美味しいんです!Saucisson au géne 又は Saucisses au marc de Beaujolais 収穫時期のボージョレーの伝統料理ですね。

~今日のフランス語でひと言~

Qui s’y frotte s’y pique.        

( キ シィ フロット シィ ピック) 

それに触れればそれに刺される。/ 触らぬ神に祟りなし。

アビアント~♪

カテゴリー

最新記事