Category: イベント・試飲会のご案内

こんにちは。山田祥子です

先日、小松屋三宅・山上と3人で、ディズニーランド研修に行かせていただきました。
P1050025_R

ディズニーランド研修とは・・・

ディズニーランドは、リピーター率98%なんです!

なんで何回も行きたくなるのか・・・

CS(=顧客満足)のお勉強をしに行かせて頂きました。

まずは、セミナーに参加したメンバー(いろんな会社の方が集まります)がグループに分かれて、ディズニーの見るべきポイントの講習を受けます。

講師はディズニーランドに長い間勤務されていた、鎌田洋さん。

アメリカのディズニーランドの面接で、「私はディズニーランドを世界一きれいなパークにします」と宣言し、清掃部門で活躍され、その後教育を担当されていた方です。

ディズニーのいろんなお話を聞かせて頂き、いざフィールドワークへ!!

今回はランドでした

ディズニーランドはもうクリスマスモード
P1050020_R
 

チームごとにランド内を周ります

ディズニーランドはパーク全体が舞台です

スタッフの方をキャストと呼び、お客様をゲスト、キャストが来ている服装を衣装と言います。

掃除担当のキャストは子供に怪我をさせないよう、ほうきを常に自分の体にぴったりとくっつけて歩きます。

雰囲気を損なわないよう、スピーカーなどは使わず、全て肉声で誘導します。

アトラクションは、プレショー、メインショー、レイトショーと言い、入る前、中、出た後で音楽や、気温や、暗さなどが全然違います。

そのアトラクションに合わせて、キャストの表情やしゃべり方などが変わります。

ごはんを食べるところも、それぞれストーリーがあり、キャストに尋ねると、その店のストーリーを教えてくれます。

今年の夏はものすごく熱かったので、水分を補給するため、自動販売機の導入をしたそうです。
でもディズニーは直接手から手へのお渡ししかしていませんでした。
 
でも、熱中症で倒れてしまってはいけないので、今年の夏は自動販売機を導入することに決めたそうです。

その自動販売機がこちら
↓     ↓       ↓
P1050001_R P1050002_R

という感じで、いろんなところに工夫があり、雰囲気を壊さないようにこんなかわいい自動販売機を作ったりという徹底っぷり。

しかも、パーク内がクリスマスモードになっていて、アトラクションも「ホーンテッドマンション」や「イッツ ア スモールワールド」などがクリスマスバージョンに入れ替わっていました

こうやって、何度来ても楽しめる工夫が至る所に隠れています。

こんな感じで、チームで夜まで周り、次の日にそれぞれ気づいたことなどを発表します。

チームのフィールドワークが終わり、私たち3人は、ディズニーランドで唯一お酒が飲めるレストラン「クラブ33」に行かせて頂きました。
P1050008_R

いつもお世話になっている方に手配して頂きました。
ありがとうございます!!

その方が用意してくださったワインとコースのお料理を頂きました。
P1050011_R

 

P1050012_R

P1050013_R

P1050014_R

P1050017_R

P1050019_R

ちょうどパレードも特等席で見れて、本当に感動で幸せでした 

そして、なんとその日はディズニーランドーのゲート出てすぐ真ん前にある「ディズニーランドホテル」に泊まらせて頂きました。
P1050026_R

P1050029_R

ずっと泊まりたかったホテルだったので、夢のようでした 

しかも、最上階のシンデレラのお部屋
P1050032_R

 

 

 

 

 

P1050034_R

 

 

 

 

 

 

 

P1050033_R

P1050038_R

シンデレラの絵や隠れキャラクターがたっくさんありました

一日中ディズニーランドを周って、夜遅くに帰って来て、眠くて仕方なかったのに、隠れキャラクターを必死になって探してしまいました(笑)

ディズニーランドホテルをおもいっきり満喫し、再びセミナーへ!!

次の日のセミナーは、前日のフィールドワークの気付いた事などをチームでまとめ、発表します。
P1050041_R

P1050048_R

それぞれチームが全員前に出て、発表します。

ディズニーの優先順位は
1.安全
2.礼儀正しさ
3.ショー
4.効率

安全に関しては徹底しています。

椅子や置物などは、倒れないようにかなりの重さで作られていて、バリアフリーで、車椅子の方でも楽しめるようになっています。

身長制限や入場制限も徹底されていて、事故が起こらないように気を配られています。

礼儀正しさに関しては、キャストは絶対目線を合わせて話してくれます。

場所などを尋ねると、手を大きくかざして教えてくれるし、近くだとその場所まで案内してくれます。

ショーは、その季節や時期によって変わる、パレードやパーク内のレイアウト、グッズ(お土産)などもそうですが、雰囲気に合わせ、においであったり、暗さであったり、気温であったり、隣で聞こえていた音が少し進むと全く聞こえなくなっていたりと五感で楽しめる工夫がされています。

効率は、アトラクションに並んでいる人が多い時と、少ない時で誘導の仕方を変えたり、並んでいる時も空きさせない(時間を感じさせない)工夫がされていたり、閉演近くなるとゲストの数も少なくなるので、キャストの数が方が多くならないよう、キャストの人数を減らし、逆に、ゲストが多い時はキャストの人数を増やすなど、ショー(ディズニーという舞台)が良くいくように効率良く考えられています。

と、書き出したらつきないくらい出てきます。

「ディズニーランドは永遠に未完成」とウォルト ディズニーが言っているように、変化し続けています。

いつ来ても楽しめる。
前回来た時と変化がある。
何回来ても飽きない。
また来たくなる。
↓ 
リピーター率98%

小松屋もディズニーを目指しています。

何が何でも小松屋でお酒を取りたい!と言って頂き、お客様と一緒に成長し(with up)、All Happyを目指しています。

私もディズニーのキャラクターのように、みんなに愛される人間になりたいです。

そのためにはいろんなことを経験・体験し、成長し、自分ができることを精一杯やって、喜んでいただくこと。

小松屋に入っていなかったら、こんな経験もできずに終わっていたと思います。

今を大切にしないといけないなぁと、改めて思いました。

今回、研修に行かせて頂いて、感じること、考えることがいっぱいありました。

不器用で何の取得もない私ですが、愚直に想い、やり続けて行くことが今自分ができることだと思っています。

貴重な経験をさせて頂き、本当に感謝しかないです。

この経験を絶対に還元します。

長々と読んで頂きありがとうございました。

カテゴリー

最新記事