Category: イベント・試飲会のご案内

こんにちは! 日本にもどりました松井です。

先日、ローヌ北部のアペレシオン『コンドリュー』の勉強会に行ってきました。

ご存知の通りコンドリューはヴィオニエからできるワインです。

まずはこの「ヴィオニエ」の事から・・・・
ヴィオニエは世界での作付け面積が増えていってます。
有名生産地はローヌ、ラングドック、オーストラリア、ギリシャなど
(ラングドックではオーストラリアより栽培面積は多い)

香りはゲヴュルツほどは高く(強く)ないがフローラルで高い。
ルーサンヌに似ている。

栽培・・・ミストラル(風)によるストレスに強い。風が強くても光合成をすることができる。

倒れずらい(コンドリュー、シャトーグリエはスリー・ステイク・ヴィグワム仕立て)

うどんこ病に弱い。

醸造・・・シラーとのブレンドに使われる。
     混醸(コー・ピグメンテーション)→しっかり色が出る(ブレンドより)
      
コンドリューは規定でヘクタールあたりの収量が低い。(最大37hl/ha)

ちなみに・・・
ボルドーAC→55hl/ha
ペサックレオニャン→48hl/ha
メドック→45hl/ha
ポイヤック→40hl/ha
ロマネコンティ→35hl/ha
ソーテルヌ→25hl/ha

斜度が高く、機械収穫がまったく出来ないことからも「コンドリュー」が高価なのはわかりますよね!

試飲ワイン
・コンドリュー 05 (ベネティエール)
・コンドリュー 06 (ギガル)
・コンドリュー レ・テロワール 06 (フランソワ・メルラン)
・コンドリュー 07 (シャプティエ)
・コンドリュー 07 (イブガングロフ)

ワイン

ヴンテージがバラバラでタイプも色々ですが、
自分の勝手な好みは「フランソワ・メルラン」と「イブガングロフ」です。

それではまた・・・

カテゴリー

最新記事