Category: NEWS TOPICS

ボンジュール、がんです。

 

 

キュヴェ・スーリエについてお話しするのもこれで5回目。
今回お話しするのは醗酵について、ブドウジュースがワインへと大きく変化していく段階ですね。

 

 

IMG_5361

 

さて、前回タンクに入れられたブドウ達。

除草剤や殺虫剤を使わないで栽培されたブドウには畑由来の自然の酵母がついています。

なのでタンク内でブドウを潰せば自然に醗酵が始まります。

と、理論では分かっていてもやはり実際に醗酵が始まるまでは気が気でなりません。

 

醗酵が始まっているか、進んでいるかをみるために、こちらの糖度計で毎日ジュースの糖度を測ります。

醗酵期間中の日課、ダンシテという作業です。

 

0C72F387-CBB3-4504-9671-ECEAA97C938A

 

IMG_0657

 

酵母が活動するとブドウジュースに含まれている糖分を食べてアルコールと二酸化炭素に変えるので、

糖度が減るイコール醗酵が進んでいる、という訳です。

また測った数値はこちらの用紙に記入して管理します。

 

IMG_5363

収穫当日の糖度は 1102 、この糖分が全て醗酵しきったとすれば大体 13.5% くらいの

アルコール度数になります。
ブドウをタンクに入れてから3日目、変化が現れました。

IMG_5385

 

タンク上部のフィルムが曇りはじめました。

糖度を測ったところ、ジュースの糖度がわずかながら減っています、醗酵の始まりですね。
液温が上がっているのも酵母が活動を開始した影響、試飲でもピリピリと二酸化炭素を感じます。

 

まずは醗酵が始まって一安心...

IMG_5376

 

 

一旦勢いがつけば醗酵は一気に進みます。
結果的には2週間ほどで醗酵がほぼ終了した状態になりました。

924D4191-65A3-4667-AA68-1E05DEF3C603

 

IMG_5447

ほんの2週間前までは甘いブドウジュースだったのが、まだまだ荒削りではありますがアルコールも含んでワインと呼べるようなものになりました。

 

目に見えない微生物の活動に感心するとともに、ひとまず醗酵が無事に終わって一安心。

 

しかしながらまだ醸造の一過程が終わっただけ、美味しいワインに仕上げるためにまだまだやる事はありますよ。